お米について

鈴果園では、梨のほか米の耕作もおこなっています。

梨と同様、新たな幸せをお届けすべく新品種を積極的にそだてている点が特徴です。

千葉県が13年かけて開発し、2020年秋にデビューした「粒すけ」という品種も取り扱っています。

このページでは、鈴果園のお米の栽培風景をご紹介しますね!

こちらは当園の田んぼです

芽吹いてきた苗

種を蒔いてから1週間後の、芽吹いてきた苗です。

畔づけ作業の様子

畔(あぜ)とは、田んぼと田んぼの間に土を盛り上げたしきりのことを指します!

成長した苗

10日経ったころの苗です。きれいな緑!

1ヶ月後の苗

1ヶ月育てた苗は根がビッシリ出ていて良い生育です!

根がしっかりしていると、移植時の活着、その後の成長が良くなります。

種まきの様子

コシヒカリの種まき風景です。

パッキング作業

粒すけのパッキン作業

「粒すけ」のパッキング。
真空パックにして、精米したお米の鮮度を保てるように出荷します!

田植えが近づいてきました(4月下旬)

田んぼにも水が入り、本格的な田植えシーズンが始まろうとしています!(4月25日)

もう1週間もするとほとんどの田んぼに水が溜まり、一面鏡のような風景になります。

田植えシーズン到来です(5月2日)

いよいよ田植えのシーズンになりました。

1カ月育ててきた苗を、田んぼに移植していきます!

前半戦は千葉県が開発して2020年にデビューしたばかりの新米「粒すけ」です。

田植え

鈴果園の田植え作業

船橋北部のスカイライナーが見られる場所での田植え作業です!

快晴で気持ちがいいですが田んぼでは日陰がなくて、なかなかの暑さです。

精米作業

鈴果園の精米作業
鈴果園の精米作業

田植え期間も、販売しているお米の精米作業を並行して行っています。(写真はコシヒカリ)

我が家では、より「ぬか」が取れる精米機で作業を行っているので、米を研ぐ回数を減らせてます!

夕方の田園風景

千葉県船橋市にある鈴果園の米栽培風景
千葉県船橋市にある鈴果園の米栽培風景

新しい仲間が来ました

鈴果園の機械

鈴果園に新しい仲間がやってきました!お米の栽培で活躍してもらう予定です。

当分、走行には緊張しそうです(笑)

5月下旬:田植えが終了しました

米の田植え作業

5月上旬に始まった田植えがようやく終了しました。

田んぼに水を送るポンプ・トラクター・田植え機…と今年は故障トラブルの多い田植えになってしまいましたが、無事に完了でき安心です。

写真は代車でお借りした田植え機の積み込み作業。お疲れ様でした!

6月中旬:順調に成長しています!